ハイカラな街並み  歴史・ミュージアムを巡る

街そのものが美術館のように美しい街並みの神戸旧居留地。
少し歩くと、点在するミュージアムはもちろん歴史を感じる建築や史跡に出会えます。

ミュージアム
Museum

神戸市立博物館

Kobe City Museum

1982年秋に開館。以前からあった市立南蛮美術館と考古館を統合し、あたらしい人文系の博物館として発足しました。
※2018年2月5日〜2019年11月まで休館

神戸らんぷミュージアム

Kobe lamp museum

照明文化の貴重なコレクションを通じて、灯火器の変遷を楽しみながら学べる「あかりの博物館」

とんぼ玉ミュージアム

Kobe lampwork glass museum

古代から現代までのランプワークといわれる技法で創られた、ガラス工芸作品を展示したミュージアムです。
とんぼ玉の制作体験もできます。

パールミュージアム

Kobe pearl museum

日本で発明された真珠養殖100年の歩みとともに、神戸と真珠の歴史、真珠の種類やアコヤ真珠ができるまでを模型や実物で展示。
「真珠」と「真珠の街・神戸」を分かりやすく紹介しています。

Area MAP

レトロ建築
Nostalgic Buildings

旧居留地38番館

The Former National City Bank Bldg.

設計はヴォーリズ事務所のW.E.ハインズ。
南側の正面にはイオニア式の円柱を4本並べ、両端の目地を目立たせた石積みで引き締めたアメリカン・ルネサンス様式。

  • ■昭和4年(1929)
  • ■鉄骨鉄筋コンクリート造3階建
  • ■設計:ヴォーリズ建築事務所

ニッケビル

Nikke Bldg.

コの字型のアメリカンスタイルの建物。
1階は御影石、2階以上は乳白色のタイルが貼られていたが、タイルの剥離防止に2階以上はアルミ板で覆われている。

  • ■昭和12年(1937)
  • ■鉄筋コンクリート造6階建
  • ■設計:竹中工務店

あいおいニッセイ同和損保神戸ビル

Aioi Nissay Dowa Insurance Kobe Bldg.

当初から保険会社ビルとして建てられたアメリカンスタイルのビル。1階から3階に届く縦長のアーチ窓はロマネスク調で仕上げられ、美しいプロポーションをもっている。

  • ■昭和10年(1935)
  • ■鉄筋コンクリート造4階建
  • ■設計:長谷部竹腰建築事務所

シップ神戸海岸ビル

Ship Kobe Kaigan Bldg.
(The Former Mitsui & Co. Kobe Branch Bldg.)

旧海岸ビルは鉄筋コンクリート造4階建で、当時ウィーンの新建築運動であったゼツェッションの影響を強く受けている。阪神・淡路大震災後に改築。

  • ■大正7年(1918)【改築】平成10年(1998)
  • ■鉄筋鉄骨コンクリート造15階建
  • ■設計:河合浩蔵【改築】竹中工務店

商船三井ビルディング

Mitsui O.S.K.Lines Bldg.

海運業界がとりわけ華やかな頃のアメリカン・ルネサンス様式が基本の建物。石積みの外壁でありながら、優美な印象で華やかな建物なのが特徴。近年、耐震改修がされている。

  • ■大正11年(1922)
  • ■鉄骨鉄筋コンクリート造7階建
  • ■設計:渡辺節建築事務所

旧神戸居留地15番館

Bldg. No.15
(The Former American Consulate Bldg.)

旧居留地内に唯一残る居留地時代に建てられたコロニアルスタイルの商館。日本風の屋根、南側にはベランダも。阪神・淡路大震災で全壊。耐震構造で復元された。国指定重要文化財。

  • ■明治13年(1880)頃
  • ■木骨煉瓦造2階建
  • ■設計:不詳

神港ビルヂング

Shinko-Bldg.
(The Former Kawasaki Lines Main Office Bldg.)

外壁は花崗岩が貼られ、南東角のアールデコ調の塔屋が海岸通の景観のアクセントになっている。 東側入口は往年を思わせる木製の回転扉がいまも活躍中。

  • ■昭和14年(1939)
  • ■鉄骨鉄筋コンクリート造8階建
  • ■設計:木下建築事務所

チャータードビル

The Former Chartered Bank Kobe Branch Bldg.

正面中央に3本のイオニア式円柱を並べ、3・4階はアチック(屋根階)として下階よりも簡潔な意匠に。デザインの違う東西の庇で躍動感を出している。

  • ■昭和13年(1938)
  • ■鉄筋コンクリート造4階建
  • ■設計:J.H.モーガン

日本真珠会館

Japan Pearl Hall

1階に黒御影石、2階以上に乳白色のタイルを用いて建物全体を軽快に印象付ける。神戸では日本真珠会館とポートタワーが日本のモダニズム建築100選に選出。

  • ■昭和27年(1952)
  • ■鉄筋コンクリート造4階建/地下1階
  • ■設計:兵庫県営繕課(光安義光)

史跡
Historical Sites

旧三菱銀行 柱頭

The remains of the top part of the stone column of the Former Mitsubishi Bank Bldg.

1929年に建てられた三菱銀行三宮支店(現神戸支店)の柱頭部分が播磨町に残されています。
建物の正面玄関にあった獅子のブロンズ像は、神戸ダイヤモンドビルのエントランスホールに移設され当時の風格をいまに伝えています。

居留地内の門柱

The gate post of Lot No.68.

68番館の門柱はその後の明治15年頃に68番に住んだエッチ・ショニングの住居前にあったものと考えられています。
ほかにも旧居留地内には同じ形の門柱が残されており、開港当時の面影をしのばせます。

124番の碑

The remains of the brick wall at Lot No.124

124番が現在の東町、背中合わせの119番が伊藤町です。この2つの土地は税関に近いことから赤レンガの倉庫として使用されていました。第一次世界大戦で外国人商人が引き上げたのち兼松商店が修復した本店の通用門跡が残されています。

108番 近藤商店

The remains of Kondo & Co. Ltd. Bldg.

古い建物のレンガ造りの窓周りが伊藤町に残されています。窓枠には重量を支えるために御影石を三角に組んで載せ、レンガは現在のものよりも薄いものが用いられているのがわかります。
下の社名板は昭和8年頃のものです。

居留地の下水道

The first modern sewage system in Japan

神戸付近で焼かれたレンガを使った居留地の下水道は、円形管と卵形管が南北道路に沿って6本1880mが敷設されました。
近代下水道としては日本で一番古いもので、現在でもその一部が下水道の雨水幹線として使われています。

旧居留地の歴史
  • 旧居留地40番地 大丸 神戸店
  • 安田不動産パーキング ミスターP
  • ホテルヴィアマーレ神戸
  • 神戸旧居留地 高砂ビル
  • 日本ビルヂング
ページトップへ戻る